PMSの症状を把握しよう~健康食品でココロのバランス安定~

女性

生理前を快適に過ごす

笑顔の女性

PMSの症状は個人差があり、その対処法も様々です。PMSの時期がきたら、ストレスを溜めずにリラックスできるように生活しましょう。食事の面でも、必要な栄養素をバランスよく規則正しく摂ることが大切なのです。

この記事を読む

女性の不快を改善する

ジョギング

生活習慣の改善を心がける

数多くの女性が、月経前に心身に現れる不快な症状に悩まされています。それは、PMSといわれるもので、月経前症候群とも言います。イライラして怒りっぽくなったり気分が落ち込んだりします。またむくみや頭痛、便秘や下痢が現れることもあります。女性は平均12歳で初潮を迎えてから40年近く月経が続きます。その間中PMSに悩まされるというのは辛いものです。女性だからしかたがないと諦めている人もいます。しかしPMSは対策次第で症状が緩和出来るのです。まずは悪化させるような習慣を避けるようにしましょう。コーヒーや紅茶に含まれるカフェイン、飲酒やタバコはよくありません。血糖値の急上昇は急に下がることにもつながりイライラやだるさを招きます。ですから白米や砂糖類はなるべく控え、代わりに玄米やイモ類をしっかり摂るようにしましょう。

食品やサプリでの対策も

PMSの人はよく鉄分が不足していたり機能性低血糖症を起こしていることがあります。それらの対策として鉄分豊富なレバーやほうれん草、ひじきを食べるのは効果的です。豚やウナギなどのビタミンBやブロッコリーやアーモンドなどのビタミンEの栄養素も症状の緩和に役立ちます。精製された米・小麦粉の摂取を控えるのも有効です。食生活にそこまで気を使えない場合は健康食品やサプリなどで栄養素の補充をするとよいでしょう。ヘム鉄やマルチビタミンはもちろん、ホルモンのバランスを整える成分のプラセンタやチェストツリー、γ-リノレン酸なども症状が和らぎます。婦人科や心療内科でPMSの相談をしてみるのもよいでしょう。薬やカウンセリングなどで治療してもらえます。

中高年の体調の悩みに

薬膳

更年期障害は西洋医学の一般的な病院でも治療は可能ですが、漢方薬を使用した治療も効果的とされて人気を集めています。即効性より効き目を重視した漢方で、じわじわと症状を改善することが出来るでしょう。

この記事を読む

日常生活に変化が必要

カプセル

更年期障害の治療は、薬だけでは難しいため、根本治療を行う必要があります。そのためには、ホルモン補充療法に加え、漢方や生活習改善などを併せて免疫力向上に努めると良いでしょう。大豆イソフラボンやプエラリアなどのサプリメントを摂取するのもおすすめです。

この記事を読む